社員の安全を迅速に知ろう|安否確認システムの導入が最適

災害時に役立つシステム

男性

サービス内容の充実化

地震などの災害が起きた際、従業員の安否や所在などを確認し的確な対処を取ることが社会的な責任として重視されている。これらの社員の安否を確認するために、安否確認システムを導入する企業が増えている。安否確認システムでは、大きな地震発生時など災害が予想される際、システムから自動的にメールや電話などが発信されるものが中心になっている。安否確認システムでは、事前に社員などが登録しておいたメールアドレスや電話番号に対して自動でアクションが取られる。それらを受信した社員は、システム上で安否情報を入力することで、会社は社員の安否確認を行なえる仕組みになっている。安否確認システムは、システム会社などにより様々なシステムやサービスが提供されており、導入時にはそれらのサービスから選ぶ必要がある。安否確認システムのサービスとしては、社員の位置情報を自動で把握できるシステムや災害時でも確実に通知できるように複数のコミュニケーション手段を提供しているサービスなどがある。特に災害時では、電話やメールがつながらないということがわかってきており、これらを避けるためにSNSなどを活用した安否確認システムサービスも増えている。また、安否確認システムでは社員の所在地や個人情報を扱う為、これらの情報管理が充実していることが重視される傾向にある。その為、安否確認システムではセキュリティ面を重視したサービスも多く提供されている。