社員の安全を迅速に知ろう|安否確認システムの導入が最適

企業の災害対策

握手

安否を確認する方法

安否確認システムは近年多くの企業で導入されているもので、テロや大災害等の事態において企業が従業員の安否状況を確認・集計する為のもので、クラウドを利用したサービスです。元々このサービスは企業は大災害等で電話やメールがつながらない等で従業員の安否確認が出来ず、企業内パニックが起きないように開発されたもので、このサービスを導入した企業は、特定の社員や全従業員等に対して素早く確実に必要情報を伝達できるようになっています。また逆に従業員も企業に対してこのサービスを使い安否状況を報告出来るようになっています。現在は安否確認のシステムも機能が豊富になっており、個人対個人でコミュニケーションと取る、メール以外の通知方法を取る等使い勝手はよくなってきています。大災害はいつ起きるか分からない為、企業としても従業員の安否確認の為にこのようなシステムを入れる事は福利厚生の観点やリスクマネジメントの観点からも必須となっており、それに伴い多くの企業がこの安否確認システムを開発し、提供しています。サービス内容の多様化に伴い、企業間の機能の差は少なくなっていますので、利用する企業からすると細かい使い勝手や利用料が選ぶポイントとなっています。以前はこのような安否確認は大災害やテロ等の有事が発生した場合に、管理者が主導でメール等を発信していましたが、現在は夜間や休日での対応にも備えて自動でメールを発信する形となっており、企業側は導入するストレスも少なくなっています。