早めに相談する

オフィス

ローンの支払いができない場合は相談するなどの行動を

住宅ローンを払えなくなった場合に住宅を売却する方法の一つが任意売却です。任意売却はローンが支払えなくなった人が条件なく利用できるものではありません。といのも任意売却を行うためにはローンの保証人の承諾や金融機関との交渉、金融機関の同意が必要になるのです。金融機関の中にはローンの支払いが不可能な場合はローンの保証会社に残債を請求しこうした任意売却に受け付けないような金融機関もあります。更に代理で任意売却を行う業者との相性が悪い場合は個別に拒否される場合もあるのです。 もちろんローンの支払いが滞ってから時間がたちすぎている場合には任意売却という手段が取れなくなることもあります。そうなると残された手段としては競合のみとなりそれからの負担もより大きなものになったり破産など状況が悪くなることもあるのです。

任意売却を行うメリット

ローンが支払えずに住宅を競売にかけるとなった場合当然その住宅が競売にかけられているという情報やその詳細が情報として公開されます。ですから近隣住民の人にも滞納金があり競売にかけられているという事実が知られてしまいます。更に競売にかけるうえで近隣住民に聞き取りを行ったり競売情報が掲載されたチラシなどが近隣に配られるケースもあります。 一方で任意売却だと表向きには通常の土地建物の売却にしか見えません。ですから住宅を売って引っ越すだけにしか見えません。更には場合によってはそのままローンの滞納を知られることなくその住宅に住み続けることも出来るのです。 条件やデメリットもありますが早期に行動することでより負担を少なく解決することも出来るのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加