社員の安全を迅速に知ろう|安否確認システムの導入が最適

作業員を守る

オフィス

転倒通報システム

現場作業にとって、安否確認は非常に重要です。特に地下抗などの作業でのお互いに姿が見えない場所では、その必要性があります。電波が通じる所であれば、無線機などで連絡が取れますが、場所によってはそれもできません。また、無線機を所持していても、急な電波の途切れは起こります。そこで、最近導入されるようになった安否確認システムがあります。それが転倒通報システムです。転倒通報システムによる安否確認は、一人一人が発信機を身に付けることになります。発信機は、作業服やヘルメットに取りつけられることが殆どです。作業員が行動している時は、その範囲を基地局に発信することになります。そして、一定時間作業員の動きが止まると警報が鳴る仕組みとなります。警報が鳴ることで、他の作業員が確認に向かい、安否確認に繋げるのです。万が一、離れた場所で作業員が倒れても、警報が鳴ることですぐ対処が可能となります。このような安否確認の方法は、現在至る所で利用されています。刑務所の作業場所で、不穏な動きをする者はいないか等も、このシステムを使えばすぐ分かります。また、老人介護施設においても入所者一人一人の行動に異常がないかを確認できます。様々な場所で導入されている転倒通報システムですが、今新しい形の使い方も考案されています。人だけでなく、家畜の管理にも応用が始まっています。このシステムを利用することで、放牧などの家畜の居場所を一目で把握することもできるようになりました。