社員の安全を迅速に知ろう|安否確認システムの導入が最適

緊急自体に備えた対策

ネットワーク

社員の安全確保

東日本大震災を機に、日本では今まで以上に自然災害への危機を感じる様になり、多くの人がもしもの時に備えた対策を行う様になりました。そして個人だけではなく、企業としても日中に災害が起こる事も考えられるため、社員の安全に対する関心が高まりました。社内で社員一人一人に非常食を備えたり、各デスクの個人毎のヘルメットを準備する等対策を行っています。そして安否確認に関しても非常に高い関心を集める様になり、社員全員の安全をすぐに確認し、何かあった社員をすぐにでも見つける事が出来るシステムが整っています。しかし、社員数が多い企業の場合、社員一人一人の安全を確認する事は難しく、昔の緊急連絡網ではあまりに時間がかかってしまうため即座に確認が出来るメールでの安否確認システムが注目されています。セキュリティ会社等で販売されており、社員全員が事前にメールアドレスを登録しておく事で、もしもの時にすぐセキュリティ会社から安全確認のメールが発信されます。そのメールを受け取った人は、無事かどうかを返信するだけで良いため、安全ではないと返信が来た社員や、全く返信が無い社員に対して安否確認をする事が可能となりました。数千、数万の社員を誇る企業や、日本各地に支店を持つ企業の場合には、効率性と安全性の点から注目されています。企業が社員の安否確認を行う事はもはや当たり前の時代ともなっていますので、まずは社員への理解も含めて社内への導入を検討してみてはいかがでしょうか。