社員の安全を迅速に知ろう|安否確認システムの導入が最適

握手

企業の災害対策

安否確認は大災害等の有事に企業が従業員の安否を確認する方法・手段として利用するサービスの事で、現在は多くの企業が導入をしています。企業が安否確認で手間取らないように開発されたもので、従業員等に対して素早く確実に情報伝達も可能で、従業員もこのシステムを利用して安否報告をします。

オフィス

災害時に必須

災害が起きたときに従業員と連絡が取れるよう、安否確認システムを導入しておくとよいでしょう。初期費用が少ないシステムなら、負担もかかりません。スマートフォンからも利用できるシステムが多いので、操作も簡単です。

オフィス

作業員を守る

地下抗などの作業場では、常に安否確認の必要があります。その安否確認が困難な場所で、今新しい方法が導入されています。転倒通報システムと言われる新たな方法が考案されています。このシステムでは、一人一人が発信機を身に付け、一定時間動きが止まれば、警報を鳴らす仕組みとなっています。

男性

災害時に役立つシステム

安否確認システムでは、地震発生時などに自動的にメール送信などが行われ、社員の安否や所在などを確認するシステムである。安否確認システムでは、社員の位置情報を自動で収集したり、SNSなどを活用したサービスも増えている。

ネットワーク

緊急自体に備えた対策

自然災害が起きた際の社員の安否確認は、現代ではメール一つで確認が出来る様になり、タイムリーに社員の安全を知る事が出来ます。そのため、セキュリティ会社を通してシステムを導入し、社員にも周知徹底させることが重要となるでしょう。

災害時に備えておこう

女性

迅速で的確な行動

現在、多くの地域で自然災害が発生しています。特に大規模な地震や洪水、台風や大雨などは日本でも発生しています。こういった自然災害が発生したときに、企業としては社員の安否確認がとても重要になってきます。このような事態に素早く対処する為にも、近年では多くの企業が社員の安否確認システムを導入しています。このシステムを導入することによって、何か災害が起きたときに社員の安否を素早く行うことが出来ます。この安否確認のシステムは多くの企業にとって人気で話題になっているものですが、普段からのメンテナンスやテストも必要になります。実際に地震や台風等の自然災害が起きたときにしっかりと使うことが出来るように、一定の期間に安否確認を行います。多くの場合、社員個人の携帯電話へ安否確認のメールが届くか電話がかかって来るかです。一定の期間にこれを行うことで、社員が電話番号やメールアドレスを変えて万が一のときに連絡が取れなくなってしまうといった事態を避けることが出来ます。又、企業側のシステムに不備がないかどうかのチェックも行うことが出来ます。もしも企業側のシステムに異常が発生していた場合も、もしものときに社員に安否確認を行うことが出来なくなってしまいます。このシステムの人気の理由として、災害時の社員の安否を迅速かつ的確に確認を行うことは勿論ですが、万が一のときに連絡が取れなくなるといったことを無くせることも挙げられます。